はぜにっき

日記です。(毎日更新ではない)

日記: PADI オープン・ウォーター・ダイバー認定を受けた

空気を背中にしょって海に潜るダイビングを行うには認定機関の認定が必要で、コースを受講して無事認定されました、という話です。
とりとめのない日記です。


コースの詳細はPADI公式サイトに書いてある。

www.padi.co.jp

PADIというのは、世界で一般的なダイビングの認定を行なっているダイビング教育機関で、世界全体で共通の基準で講習を行なっている団体。
他にも色々あるけど、ここが一番講習がしっかり(=大変)していて、世界的にも日本でも一番有名っぽい。 実際、事前に受ける e-learning だけで30〜50時間ぐらい掛かる。覚えることは結構多いし、普段使わない機械の説明を文章とビデオでされてもすぐ頭には入らん。

今回取ったオープンウォーターダイバーは 同一以上の認定を受けている人と一緒に 水深18mまで潜ることができる認定で、 これ以上潜るには別の講習を受けたりしないといけない。
上位の認定を取っていないと この地域では潜ってはいけない、とかがあって不便ではある。実際危険で慣れてないと死ぬから仕方ないんだけど。


そもそも水着を着ること自体がいつ振りかわからないし、液体の中に入るのも温泉に浸かるぐらいだったから不安からのスタートで、
フィン(足につけるやつ)の扱いは一瞬で慣れたけど、ダイビング用のマスクはずっと違和感があったし、すぐ曇るし、鼻呼吸すると水入ってくる。
呼吸を深くしつつ、完全に空気を肺から出した状態で数秒息を止める ことができないと沈んでいかないので普段浅い呼吸をしている人は本当に大変です。大変でした。

あと、何個か「これができないと潜れません」みたいなことがあって、その中の一つに耳抜きというものがあるんですが、それが出来なくて初日は死にそうになったり。

酔った原因は多分睡眠不足なんですが それを抜きにしても、本当にどうしてこんな苦痛を味わいながらやっているんだ...みたいな気持ちになりながら海に漂っていました。(こういうのがトラウマになって恐怖症になる人も結構いるそうです)

友人からは「自分も最初だめだったけど、なんかいきなり慣れて大丈夫になったからいけるいける」という全然参考にならないアドバイスをもらって

本当に何もしてないけど大丈夫になりました。


最初は死にそうだったんですが、後半は慣れてきて一緒に講習を受けていた人の道案内をしたり、魚と戯れたりできるようになってきたので楽しめてよかった。
潜る場所によって底の色も違うし、魚も違うし、水の透明感も違うそうなので色んなところに行けるともっと良いなあという感想なのですが、
いかんせん金が結構掛かるので財布が死なない程度に今後もやっていこうかなと思います。

女性と二人で天の川と流れ星を眺めながら酒を飲むイベントがありましたが、何事も無く平和に終わりました。こちらからは以上です。

転職して一年が経ちました

Kaizen Platformに入社して一年が経ちました。

入社3ヶ月の時

hazediary.hateblo.jp

年末

hazediary.hateblo.jp

入社して一年が経ちました。早いです。
いつの間にか前職よりも長くいるんですね(前職は11ヶ月)

振り返りを兼ねて、やったこと、今考えていることを雑に書いておこうと思います。

Ruby on Rails, React でのプロダクト開発

2018.10 ~
試用期間が終わった頃から、Kaizen Adというサービスの機能開発、改修を主にやっています。

Rubyも、Reactも、GraphQLもほぼ触ったことがない状態からのスタートでかなり色んな人に迷惑をかけながら何とかバリューを出し...出せて...多分出せているような気がします。
プロダクトとしては 1 => 10 ぐらいの段階。
主要機能は存在しているけどまだまだ足りていないのでひたすら改善したり機能をつけたりし続けている状態です。
数ヶ月ぐらいで機能がガッと変わっていたり、サービスが分割していたりします。すごいです。

自分が大きく動いたのはフロントエンドへの参加ですかね。

(最初は一人でやっていたんですが、色々ありバックエンドエンジニアの半分ぐらいがフロントも触るようになりました。自分は逆にフロントエンド側でできる仕事がなくなってきて最近触らなくなりましたが...)
分業すべきかどうか は会社の規模とかプロダクトのフェーズとかにもよりますが、現状は完全分業よりは今の形の方が適しているんじゃないかなと感じています。

最近はちょっと大きめの機能開発のPdMっぽいことをしたり、Onboardingの取り組みの一貫でひたすらドキュメント書いていたり、メンターやったり、設計したりしています。

developer.kaizenplatform.com

開発者ブログで顔が一般公開されたりもしました。
後編は今週水曜日に出ます

「働き方」で考えていること

東京に住みながらリモートしたり出社したりを繰り返しながら考えています。
人によって最適な働き方は違うし、人生のフェーズによって取れる選択肢も全然違うので一概に言えませんが、
少なくとも自分は 週5フルタイム正社員一本 の働き方があんまり合わないということがわかってきました。

  • ひとつだけやっていると飽きる => 中盤〜後半でかなりだれてくる
  • 週5連続勤務つらい(主に体調面)

が大きな理由。
どうしても一つの製品に目を向けていると飽きを感じるタイミングが自分にはあり、2つぐらいをスイッチングしながらやると長持ちしそう。
あとは、本業で手がつけられない技術とか分野を副業で補ったりっていうのをしたい。

理想、雇用契約

それらを前提を形態を考えていたけど、現状は雇用契約は結んでいたい。フリーランスにはなりたくない。
これからどうしていくかは悩んでいることもあり、社内外問わず相談をお願いすることがあるかもしれません。お手数かけますがよかったら乗ってください。

リモートワークと裁量労働制

リモートワークの良いところ、悪いところはそれぞれあって、人によって、環境によって適切かどうかは分かれます。
フルリモートワークを年単位でやったりはしていないので遠隔地に住んで数年リモートするような時の気持ちはわかりませんが、
一ヶ月〜半月出社しないといった状況は経験することができました。

それとは別に、一緒に働いている相手が同じタイミングで働いていないことによるコミュニケーションロス、非同期でのコミュニケーションの難易度の高さについても知りました。これは裁量労働&リモートの会社ぐらいでしかあんまり経験できないと思う。

次の一年でやりたいこと

この一年はできることの幅を広げる方向に動いていて、全体的にかなり浅いのでもう少し技術的なことを深堀りたい。
特に、プロダクト開発に関する知見、経験が(社会人でのエンジニア歴がまだ2年なこともあって)かなり足りていない。
ガリガリコードを書いたり設計したりを暫く続けていきたいです。

今はRuby on RailsとReactを書いているけど、両方あまり深く知らずに書いているし、RubyやGraphQLやTypeScriptも完全に雰囲気なので学ぶ時間を取っていきたい。

(そういう時間のために週4勤務にしたい、という気持ちもあったりします。
今年の後半〜来年はじめあたりのタイミングで色々動きたい。現職でも可能?な感じがあるので兼ね合ってみようかと考えています。)

体調のこと

2018年も相当悪かったが、更にそこから少しずつ酷くなっている。
リモートなのもあってそれなりに意識して運動はしているし、体調管理や睡眠時間、生活リズムはそこまで大きく崩れないように心がけてはいるのですが...

環境起因によるものか、精神的なものが起因しているのか、原因はよくわからないけど、暫く様子を見る予定。
早めになんとかしたい。


そんな感じで色々ありましたが、なんとか無事一年過ごすことができました。
7月以降もKaizen Platformで働く予定です。これからもよろしくお願いします。

jobs.lever.co

弊社、エンジニアに限らず人を募集しています。
働き方について考えたり実験したりができるふしぎなインターネッツ会社です。よろしくお願いします。

Google Nest Hub買った

こんにちは。生きています。はぜです。

store.google.com

画面付きGoogle HomeであるところのGoogle Nest Hubを買いました。 15,120円でした。

なんかイメージしていたよりは小さい印象。勝手に10inchぐらいをイメージしていたけど、技術仕様にも買いてある通り7inchです。
ツイートしている通り電源との接続はUSB TypeCではなく DC 電源ジャック です。

画面があるので、天気も画面で見れるしニュースも動画が流れます。Chromecast同様にYouTubedアニメストアも流せます。
当然、Google Actionsなのでルーティンの実行、Voice Matchもあります。

使い道

基本的にベッドの頭の上にある台に置いています。 バッテリがあるわけでもないので動かすのは不可能。台所に持っていく等は防水のタブレットを利用しましょう。

f:id:hazeblog:20190623144500p:plainf:id:hazeblog:20190623144537p:plain
ルーティン

おはよう , おやすみ のルーティンの設定です。
Nature Remoとの連携でテレビ、照明のON/OFFができ、Spotifyとの連携で音楽の再生ができるため、ルーティンに組み込んでいます。
(朝: テレビと照明のON, 夜: テレビと照明のOFFとSpotifyで音楽の再生)


そんな感じです、買ったばかりですが今のところ良い買い物でした。参考にどうぞ。

日記: 10連休記録

はぜにっきなので日記を書きます。

どう過ごしたか忘れそうなので。

4/27

初日は友人宅で高い酒を飲んで牡蠣を食べた。

akkeshi-distillery.com

厚岸のウイスキーをお土産として買ってきてもらったのでそれを飲むなど。
なんだかんだ10日間ほぼ毎日飲んでいたけど、一番高い酒だった。美味かった

4/28

お台場〜豊洲あたりを散策。

www.instagram.com

オクトーバーフェスがやっていたので飲んでいたら隣のおっさんに絡まれたり、豊洲のチームラボで水浸しになったりした

あと写真撮ってないけど巣鴨にある東京染井温泉に行っている(1回目)

4/29 - 30

www.instagram.com

厚木にあるホテルに一泊。
温泉は29日に湯花楽 厚木店に、30日に吉池旅館

箱根から2駅の風祭駅のあたりで箱根ビールを飲んだのと、かまぼことちくわを作ったりした

味は良かった

5/1

改元した

www.instagram.com

前々職の同期とバーベキュー、ついでに寿司。

色々ありました

5/2

友人宅で麻雀。そこそこ負けた。
帰りに巣鴨にある東京染井温泉に行った(2回目)

5/3 - 5/4

引きこもりデー * 2。といいつつ池袋に行ったり温泉にいったり(3回目)している。
あと仕事(副)をした。Package Manager周りがよくわからなくて困っていた。全部サーバレスになってくれないだろうか

+正確には5/5朝だけど髪を切った。

5/5 - 5/6

www.instagram.com

横浜の、みなとみらい周辺に行った。
中華街で飯食ってから万葉倶楽部に行ってAirbnbの宿に泊まった。

Airbnbの家が思ったより普通の一軒家だった。民泊だから当たり前なんだが とはいえコスパは最高だし室内は綺麗だったから機会があったらまた使いたい。

温泉に3回入ったりコーヒー牛乳を3回飲んだり1ℓハイボールを飲んだり岩盤浴をしていたら9時間以上居座っていた。最高だった
岩盤浴の直後、異常に身体が軽くなってこれが効果か〜〜〜!ってなっていたけど、次の日の朝は普通に身体重くてしんどかったし風呂入りすぎて感覚おかしくなっていただけな気がする

昼前に帰ってきて昼寝して、部屋掃除して今に至る感じです


温泉7回入ったと思っていたけど数えたら6回だった。
半分東京染井温泉なのよくないと思う。歩いていけるぐらい近いから行きやすいんだよな どうせ今週末も行くだろうし

外出し続けているとクレカの利用額が大変なことになっている。
GW前に家電とかベッド買ったのもあるんだけど、電車賃と温泉代が馬鹿にならない。金掛かること前提でGW代を別途貯金しておいて良かった。

5月末は1週間半京都に行くのと、7月にダイビングをすることが決まったので暫く外食を控えたい。あと4kg増えたので減らす。がんばろう。

🤔

雑記: 一人暮らしで風邪をこじらせるとめちゃくちゃつらい

こういう時用のポカリスエット2L * 4本が2日で無くなって笑った。
今は鼻水とたまにくる腹痛以外は元気です。多分。

春風邪、思ったより長引くし結構しんどいし気をつけましょう。

技術書典6 行った

美味しかったです。


無料配布を除いで13冊書いました。正直買いすぎた。

無料配布:

  • mixi tech note #1
  • XFLAG Tech Note vol.02
  • できるビットバンク

購入:

以下で詳細+雰囲気で半分ちょっと読んだので軽く感想を書いていきます。


Hatena Tech Book

techbookfest.org

はてな有志で書かれた本。
papix さんの障害対応五訓が良かった。
はてなカウンティングが合宿で作られたということを知るなど。
Perlのコード久しぶりにみた)

FiNC TECH EDITION #1

medium.com

FiNC Technologies社有志で書かれた本。
Scrapboxの使い方が良い。
入社した人がドキュメントをメンテナンスしていく形は自分の所属企業でもやっていたりするけど、属人性を無くしていくのは確かにScrapboxのほうが良いなーと思ったり。(Qiita:Teamだと共同編集にしないと他の人が書き換えられないし)

あと食事記録のアプリ画面リニューアルも良かった。リニューアル後の画面しか見たことなかったから、こういう話があったんだなーという感想

Denobook

techbookfest.org

Deno, イラストは知っていたけど中身は全く知らなかった。
Nodeと比較したコードがちょこちょこ出てくるの良い書き方だなーと思った。
素のDenoでHTTP/1.1サーバを作る っていう話があったりメンテナンスとか実装とかの話が出てきて、これから作られていくんだなあという雰囲気が伝わってきて面白かった。
Productionに使える日はいつになるんだろうか

GatsbyJS Guidebook / NETLIFY RECIPES 30

techbookfest.org

薄めの商業誌か???という雰囲気の本。とても良かった。
Netlifyは雑に公式ドキュメント読んでGitHubに繋げてとりあえず運用しているだけだったのもあって、知らない機能が結構出てきて驚いた。
__redirectの使い方とJSONサーバとして使うやつが参考になる。

Gatsby、聞いたことはあるけど使ったことはなかったので https://hazesoft.work あたりを読んで実装してみようと思う

Practical TypeScript

techbookfest.org

ビットバンク社の本。
これから読む。
Nest.jsの話が気になる

Applloドハマリ事件簿

techbookfest.org

これから読む。
前回のServer側に引き続きClient側の話っぽい。
Apolloまだ全然触れていないんだよなあ

DynamoDB はじめる前に読む本

techbookfest.org

DynamoDBのテーブル設計について。

使って慣れるしかないんだろうな〜〜〜難しい.......

Google App Engine Webアプリ開発入門

techbookfest.org

絵がかわいい。
GAEからReact返せるのかっていうのがまず驚きだった。
GAE便利だな〜〜〜APIサーバ立ててみよう

pospomeのサーバサイドアーキテクチャ2

techbookfest.org

これから読む。
1もまだ読んでいない.........!

コンテナ時代のWebサービスの作り方

techbookfest.org

まだ読んでいない。
技術スタック的に多分一番仕事で役に立つ本になりそう。

フリーランスを完全に理解できる本

techbookfest.org

単価のリアルな話から、「なるべきか?」から書かれている良い本だった。
税金周りはゆるめに書いてあるから参考程度に。経費の話は年末に読み直したい。

エンジニアの心を整える技術

techbookfest.org

とりあえずめくったら目次が強い。
最初の方の話、似たような経験した人が読んだらフラッシュバックするんじゃないだろうか...っていうレベルの(よく聞く)話が生々しく書いてあってウッてなったりした。
エンジニアリング組織論への招待に近いような内容があったり、マインドフルネスあたりの話は参考になりそう。瞑想。


10,000人超え!すごい。
11時20分ぐらいに入ったけど、最初はそこそこ空いていて快適だった。
12時手前は大変なことになっていたし13時以降は大変だっただろう...

自分が買う本がそうなだけかもしれないけど、前回、前々回と比べると分厚い本が増えた印象があり、出品側の人たちすごいなーという気持ちに。
書くネタができたら書くかなー、たぶん。次回も多分行きます。

運営の方々、お疲れ様でした!楽しかったです

自動でカーテン開け太郎が最高

友人に教えてもらって買いました。最高

元々カーテンを開ける習慣自体があんまり無かったから、自動で開いてくれると外の様子が見れて良いですね。当たり前ですが

朝7時に開いて、23時に閉まるように設定しています。

稼働音がそこそこうるさいという話を聞いていましたが、はぜはうすは首都高+大通りの目の前にあって車の音がそこそこ入ってくる、それと同じぐらいの音だったから特に気になってないです。

設置は簡単だし、アプリもそこそこ使いやすいしの満足度は高いです。おすすめ

Google AssistantとかIFTTTに繋げられたらな〜〜〜〜